いとみせドットコムへ、ようこそ!

北国津軽の伝統手芸「こぎん刺し」

今日から「師走」

今年はまだ雪もなく、例年よりも暖かい12月のスタートです。

そんな初冬の時期ですが、今回の店長日記は、

当店でもこぎん糸をはじめ、さまざまな材料を取扱いしている、

こぎん刺し」をご紹介します。

こぎん刺しは、藩政時代から脈々と受け継がれてきた、

東北地方を代表する「刺し子」の技法の1つです。

当時の農民が着用していた野良着(衣服)を補強したり、

より防寒性を保つため、刺し子を施したのが始まりといわれています。

北国は冷涼な気候のため、綿が育たず、

高級な綿織物などもなかなか入手できないため衣類も麻素材がメイン。

そうした麻素材は繊維も粗く、防寒性がよくないため、

それを補うため、ようやく手に入れた貴重な綿糸で

その粗い布目を埋め防寒性を高めたようです。

そんななかから、さまざまな模様が生まれ、

脈々と伝わり、モノの豊かな現代では、

そうした伝統模様を含めた、

新しい「こぎん刺し」が注目を浴びることとなっています。

店長日記 こぎん

▲写真:白と黒のコントラストが魅力的なこぎん模様

当店の実店舗でも以前は、「こぎん刺し」材料をお求めになるお客様は、

ほとんどが近郊でしたが、

最近は各所で取り上げられていることもあり、

観光客なども訪れていただけるようになっています。

そんな「こぎん刺し」ですが、

当店では、下記のリンクページで、実際に刺した「こぎん刺し」模様を

公開しています。

ご興味をもたれたかたは、ぜひ一度ご覧ください。

みんなのこぎん~みんなでつくる こぎん刺しコミュニティ ~


コメントする

名前

URL

コメント

人気のこぎん布 コングレス

商品カテゴリ

日本の伝統手芸を楽しもう!

草木染めの糸を楽しむ

店長イチ押し!特集商品!

縫いもの:綿や絹の縫い糸

結びもの:紐・飾り房

編み物を楽しもう!

糸と楽しむ関連商品

最新情報はフェイスブックで!

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休止日

基本的に毎週日曜日は、発送を休止いたします。

※ご注文・お問い合わせは随時お受けしております。

新規会員募集中!!

当店も応援しています!大槌復興刺し子プロジェクト

ページトップへ